ホームページをご覧になって頂きましてありがとうございます。

Drum School

森町でドラムのレッスンを開講しています
プロフィール
受講料
お問い合わせはこちらへ

トレーニング・ルーム

                  ドラム・キット

 

ドラム・シェル

ヤマハ・メイプルカスタム

ライドシンバル

・オールドK(1960年代前期)

・ボスフォラス

・イスタンブール×3

・Aジルジャン

クラッシュシンバル

・オールドK(1950年代後期)

・Aジルジャン

ハイハットシンバル

 トップ

・オールドK(ニュースタンプ)

・Aジルジャン

 ボトム

・Aジルジャン

・イスタンブール

・オールドK

キックペダル

・ヤマハ700系ツインペダル

・DW(初期モデル)

ドラム教室

自宅のトレーニング・ルームで、ドラムのレッスンをしています。

初心者の方、レベルアップを目指す方、ダブルストローク(パラディドル、コンパウンドスティッキングなど)ができるようになりたい方など、どなたも歓迎です。

ネットでのレッスンもしています。

所在地:静岡県西部 森町

■ ジャズ・ドラムのレッスン

ジャズ・ドラムのレッスンは、基本リズムのシンバル・レガートからスタートです。

ジャズ・ドラムを独学で練習している人から、『シンバル・レガートがうまく出来ないんだけど・・・・』という質問をよく受けます。

シンバル・レガートを「あくまでも、レガートに!そして高速で叩く!」には、指(フィンガー・ショット)が使えないとできません。

ドラムを叩くには、「腕」、「手首」、「指」を使いますが、指を使ったショットは、ある程度時間をかけたトレーニングが必要です。

当レッスンでは、「ダブル・マスター」(※当ホームページでご覧ください。)を使い、指を使ったショットを効率よくトレーニングしていきます。

 

次に、腕の使い方、手首(リスト)使い方を理解し、全体をより良いフォームに仕上げていきます。

私たち人間の体のつくりは、どの人でも大きく変わりません。理想的なフォームを追求していくと、だれもがほぼ同様のフォームになっていきます。

機能的な、そして”よい音”を出すためには、理にかなったフォームでプレイすることが重要です。

これは、左手も、そして両足も同様です。

 

フォームの基本を理解して頂いたら、「フット・ハイハット」(左足を踏み音を出す)を加え、基本リズムをトレーニングします。

 

そして、次はジャズ・ドラム特有の両手、両足を使った「フォー・ウェイ・トレーニング」です。ジャズ・ドラミングの一番面白いところです。

 

技術的なトレーニングをおこなうと共に、音源に合わせ、アンサンブルの疑似トレーニングをおこない、音楽的な面でもレベルアップを図っていきます。

その後は、ドラム・ソロ(徐々にルーディメンツやコンパウンドス・ティッキングなども取り入れていきます。)ブラシなどと続きます。

■ ロック・フュージョン・ドラムのレッスン

ロック・フュージョン系のレッスンは、当面は8Beat系・16Beat系(キックがシングル)のリズム・パターン+フィル・インのトレーニングが中心となります。

レッスンの進行に合わせて、音源を使い、様々な曲をトレーニングをします。

 

次は、16beat(キックがダブル)のトレーニングです。

ここでのトレーニングの中心は、「アマチュア・ドラマーのロマン」である、ベース・ドラム(キック)のダブルのトレーニングです。(ベース・ドラムは、一般にダブルス・トロークという言葉は使いません。ここではキックのダブルといいます。)

 

キックのダブルは、スティック・ワークと違い”フット・ボードを踏むと、ビーターが回転して音が出る。”という機械を使います。

つまり、上達のカギは、この機械をいかにコントロールするかにかかっています。

物理的には、1打目のショット後のビーターをいかに素早く、大きく戻せるかがポイントとなります。

キックは奏法に少し個人差があるので、上記ポイントを踏まえ、下記のような様々な方法を試し、各人に最も適した奏法を見つけ出していきます。

最も大切なポイントは、1打目は「踏む」「踏み込む」というイメージではなく、フット・ボードを「弾く」というイメージでショットすることです。

 

・1打目は足首を使い、フット・ボードをつま先で「弾く」というイメージでショットし、ビーターを素早く戻す。

・フット・ボードの踏む位置を手前から前方へと踏みかえる(1打目は「弾く」。)ことによって、つま先をフット・ボードから浮かし、1打目の戻しを素早くする。

・ペダルのスプリングをはずし、1打目をヘッドでバウンドさせることを体感し、ビーターの戻しをよくする。

・体重が「前かがみ、右傾き」になると、右足を持ち上げにくいので、上体をそらし「後ろ体重、左足体重」にし、右足を持ち上げやすくする。

・オープン奏法のトレーニングし、ビーターの戻しよくする。

・右膝を少し持ち上げるイメージで、レディー・ポジションで右足をを少し上げる。

などです。

 

習得に時間が掛かる方もいますが、頑張ってクリアーしたいところです。

そして次は、これまた「アマチュア・ドラマーのロマン」である「サンバ・キック」です。

”目標テンポ120”

 

キックのダブルが出来たら、次は左足の「フット・ハイハット」(左足を踏み音を出す)を加え、フォー・ウェイ・トレーニングです。

続いてパラディドル、コンパウンドスティッキング、キックのダブルを使ったドラム・ソロと進んでいきます。(パラディドル等の初歩は、ダブル・マスターを使うことも可能です。)